ライトノベル・レビュー

世界の中心、針山さん(成田良悟 イラスト:ヤスダスズヒト&エナミカツミ)

ところでどうして1巻ってついていないんでしょうか?
まだエピソードはあるし、もうちょいがんばれば2巻も出せると思うんですけど……

普通の人、針山さん。
でも彼の周りは普通じゃない。
成田良悟の送る普通じゃない普通のお話、それが針山さん。
電撃hpにて掲載された3本の短編と書き下ろし1本で構成されています。

まあhp分は読んでいたし、結構サラッと読めると思っていたら書き下ろしが長いし(笑)
おまけに読み直したかったサマーちゃんの話は短編って長さじゃないし。そういや本誌掲載のときも「長ぇ!!」って思ってたっけ。
短編集だけど常識どおりに読みやすいかといわれればそうじゃない。これぞ成田クォリティー(笑)
でもまあ長いってのがネックなだけでお話としては十分に面白いですし、成田節のファンなら迷わず買い、でしょう。
というか成田作品で初めてキャラ萌えできた(笑)
それが「魔法少女」ってのが末期症状だったりする気がしますが。

基本的にハッピーエンドな成田作品において「針山さん」はちょっと異色な作品のような気がする。
特に「光の勇者様」は書き下ろしを経てなお救いがないという異色中の異色作。
多少後ろ暗くてもそれ以上のパワーで突き抜けるキャラが今までは多かったがこの「針山さん」はそこまで突き抜けられないというか、普通じゃないけれど今までの成田キャラほど突き抜けていないというか。
常識の範疇から外れたやつが多いのは今までどおりだけど、今回はそれでも日常の中で、常識の中で生きようとがんばっているからそれほど異常さを感じなかったのかも。
紙様




トップへ
戻る
前へ
次へ





広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット