ライトノベル・レビュー

EME RED 4 MR.CUBE (瀧川武司 イラスト:尾崎弘宜)

EME短編集「RED」の第4巻。
この辺から一気に変人密度が上がってきたような……

スレイヤーズやオーフェンが確立したノリのおかげでどうも富士見の短編というものはギャグ色が強い。
まあ個人的には大量に変人が跋扈するタイプの話は好きなんで大歓迎なんですけど。
「EME」という作品は元々が異能者バトル物だけに変人奇人が多かった。
さらに短編での色を濃くしようとしてか、はたまた自然に湧いて出てきたのか、さらに変人が増えて参りました。
「ドリル語」(語尾に「●●ドリ」とつける)を操るドリルフェチ太秦さんとか顔面を四角い箱で覆った百々目(どどめ)さんとか。
なんかこの癖のつけ方というのが非常に面白く新しいキャラが出るたびに「今度はどんな変態だ?」とか思ってしまう自分がいるわけですよ。
……「いぬかみっ!」も似たような楽しみ方してるな〜、そういや。

でもまあ、変態という点では綾小路Ω(あやのこうじ おめが)を超える阿呆は絶対に出てこないだろうけど。
オギャンオス!!
紙様





トップへ
戻る
前へ
次へ





広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット