ライトノベル・レビュー

斬魔大聖デモンベイン〜機神胎動(古橋秀之 原作:鋼屋ジン(Nitroplus) イラスト:Niθ ) 

「トンデモ本?いやSFだ」の「サムイライ・レンズマン」の項を読んで興味があった古橋先生が、私のお気に入りである熱血アクションクトルゥーロボットADV(何だそりゃ)デモンベインの外伝を書くということで一も二も無く購入

 んで感想。面白ぇなぁ。以上(マテ)
 いや、私なんぞがグダグダ語るより本が雄弁にその面白さを物語ってるんで読むに如くはないかと。でも少しだけ書くなら

 この本を手にした貴方がデモンベイン好きなら幸福である。何故ならここには貴方が思い描いていた(もしくはそれ以上の)外伝がある。原作の設定に逆らわず原作の魅力をいや増すオリジナル設定に感嘆の言葉を示すだろう
 古橋先生のファンだがデモベは知らないという人はどうか?これもまた幸福である。何故なら先生特有のおどろおどろしくも痛快な物語が、紛れもなく古橋先生の新作がそこにあるから。先生のファンならそれだけで何も言えなくなる(と思う。つか実は私は先生の作品初めてなんで)
 どちらも知らないがラノベ好きで手にしたと言う人はどうか?確率は低いが彼もまた幸福だろう。何故なら熱い展開が、魅力的なキャラが、それを支える圧倒的な筆力が、そこにはあるから。

 難点あげると、原作知ってないと主人公・覇道鋼造が妙に万能キャラに見えるかもしれない、ってことでしょうか。いや、原作知ってると納得することなんですが。

 とにかく、古橋先生の作品としても、デモンベインの外伝としても、ラノベの一作品としても素晴らしいこの作品。出来れば本編と合わせてオススメしたいです。 
(はろmk−II)




トップへ
戻る
前へ
次へ





広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット