ライトノベル・レビュー

アンダカの怪造学(日日日(あきら) イラスト:エナミカツミ)

1巻〜ネームレス・フェニックス〜の感想

数々の賞を受賞しラノベ界に旋風を巻き起こした日日日(あきら)。
その日日日祭りにようやく参戦です。

いっぱい受賞するだけあって文章は手堅くまとまっているな、と思いました。
でも「もう一つ」が無いかなと個人的には感じました。ぶっちゃけ「普通」だったなと。
……そうやって考えると「禁書」と正反対な位置にいるのかもしれない(笑)
「多数の賞を受賞」ってのが無ければもうちょい楽しめたと思う。期待が大きかっただけに反動もでかかったのではないかと。
う〜ん、もうちょっと「これだ!!」って武器があれば変わっていくんだろうなと思いました。まだ高校生だし(卒業しましたっけ?)、まだまだ大きくバケる可能性があるのでもうちょっと見守っていこうかなと思います。

髑髏父ちゃんが最萌えなのはどーかと思います。でもいい味してますよ親父。
紙様




トップへ
戻る
前へ
次へ





広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット