MX日記30話〜34話

『シーン6 果てなき闘争』 (はろmk−IIによるムーンレイカー編の日記はコチラ
●第30話「赤き龍の輝き」(早乙女研究所)
百鬼帝国はベガ連合軍のズリル長官を大使として迎えていた。互いに腹の探りあいをしながら共通の敵を倒すために仮初の同盟を結ぶ。
ブライはベガ連合軍の戦力と科学技術を、ズリルは地上での行動の便宜を図ることがそれぞれの目標のようだが……
ゲッターロボの再調整を行うために研究所へ戻って来たゲッターチーム、ミチル、そして護衛役の主人公達。
そんな彼らの前に同盟を結んだ百鬼、ベガ連合軍が姿を現す。
光り輝く魔獣の技術を応用した恐るべき罠を破るためには三つの心を一つにするしかない。
今、赤き龍が光り輝き大空を舞う……

つーわけでようやくシャインスパーク登場です。これでゲッターの半2軍生活もフィナーレですよ(笑)
メカ要塞鬼にいつダメージを与えるかでその後の展開が変わる。早めにダメージを与えておかないとイベント前に研究所に入られてしまうのでなるべくさ
っさとダメージを与えておこう。
メカ要塞鬼は一直線に研究所へ向かうので味方3機で研究所と反対方向を除いた3方向をふさいで少しでも移動を阻害する必要がある。
この際ゲッターを地中に隠しておくと安全にことを進めることが出来る。
いい強化パーツとの組み合わせなら主人公のTEスフィアが破れることはそうそう無いはずだ。
いつものようにメカ要塞鬼をイベント撃墜するので「努力」「幸運」は忘れずに。地中に潜っておけば敵ターンに効力が失われることも無い。
撃墜後、味方増援と敵増援が同時に登場。初登場のベガ獣は耐久力はあるものの戦力としては強い円盤獣程度なのでぶっちゃけ楽勝。
めんどければメイオウ攻撃、ゴッドボイス(MAP)で吹き飛ばすのもまたよし(笑)

●第31話「暴悪の鎧武者」(富士樹海)
ムーンレイカー作戦によりどんどん旗色が悪くなっていくギガノス軍。
その余波は地上部隊にも届きグン・ジェム隊も焦りを感じ始めていた。
膠着した状況を吹き飛ばすため、グン・ジェムは禁断の「鎧武者」の力を使うことを部下達に告げる。
一方ケーンは日本近海でグン・ジェムにやられた記憶が脳から離れず、恐怖を振り払う力を求めてジョルジュと特訓に励んだ。
しかし、戦士としての甘さが邪魔で「見切り」の境地への道は険しかった。
ともに現状を打破するための力を求めるケーンとグン・ジェム。
フレイムヘイズとグン・ジェム隊の最後の戦いの幕が切って落とされようとしていた……

とにかく敵が多い。「激励」とかで補う気力はいつもよりも少なめでOK。むしろ戦闘要員のほうにメンバーを多く割くほうが得策かと。
あと湖の上で戦うので地上要員はミノフスキークラフト必須。とくにエヴァ、ゼオライマーはミノフスキーがないと思うように闘えないので要注意。
最初はゴルとガナンの部隊。特に特殊能力持ちはいないがドーラの遠距離攻撃は厄介のなのでゲバイ部隊を速やかに壊滅し、一気に距離を詰めよう。
グン・ジェムが出てくるまでに中央の橋を中心とした布陣が敷けるようにしておけばOK。
ゴル、ガナンを倒すと本命のグン・ジェムがギルガザムネに乗って登場する。
ギルガザムネは射程4〜10の大型ミサイル(1発)、射程1〜3の青龍刀、そしてマップ兵器の連装ミサイル(拡散武器)を装備している。
大型ミサイルを撃たせておけば遠距離戦でのアドバンテージを完全に握ることが出来るのでまずは距離をとっておくように。
連装ミサイルの射程の表記は「3〜9」になっているが実際は1〜3の間違い。△ボタンで武器の詳細を見て確認しておくといいだろう。
ギルガザムネの前にまずはミン、ジンを倒しておく。彼らを倒すとグン・ジェムに精神がかかるので敵ターン前に「ひらめき」でキャンセルするのを忘れず
に。
グン・ジェム登場の次のターンにイベント。戦艦のHPが半分になるがケーンが「見切り」を習得して帰ってくる。
「見切り」+EWAC(強)の組み合わせがあればどんな攻撃でもかわせるので今後はより一層Dチーム単位での運用が望ましくなる。
グン・ジェムのHPが50%を切るとイベント。色々とエフェクトがかかるが特に変化はしないのでマップ兵器に気をつけつつ戦っていけばOK。
ギルガザムネを撃墜すると敵が全て撤退するので苦しいとは思うがなるべく最後まで撃墜しないようにしておこう。

●第32話「奈落の底への招待状」(ムトロポリス)
(参戦 ヴァーミリオン(エルフィ) マンダラガンダム(キラル))
かつてライディーンを勝利に導いた超エネルギー、ラ・ムーの星を執拗に捜し求めるバーベム財団。それに対し完全に黙秘を続けるひびき一郎博士(で
したよね、たしか)
しかし、ラ・ムーの星を求めるのは彼らだけではなかった。
悪魔の配下がムトロポリスを襲う時、盲目の戦士が立ち上がる……

ストーリーはちょっちおざなり。だってあんまり覚えてないもん(オイ)
最初はエルフィのヴァーミリオン一機のみ。そのうち作戦目的が変わるので神面岩の方へ向かおう。
しばらくすると勝利目的が神面岩への侵入阻止に変わるのでヴァーミリオンを神面岩の上に配置しよう。
地形効果+集中でひたすら耐え抜こう。
3ターン目にキラル登場。でも多勢に無勢なのでムートロン研究所の上で耐え抜こう。
敵を一定数倒す、もしくは3,4ターン経過で味方、敵増援出現。
大量のデスアーミー、デスバーディーとともにヘブンズソード、グランドガンダム、ウォルターガンダムの四天王軍団(3人だけどw)が出現する。
とりあえず回避の高いヘブンズソードだけは要注意。まだこの辺ではグランドガンダムもウォルターガンダムもただのカモレベルの強さしかないのであっ
さり退場してもらおう。

この辺から「面倒な時はメイオウ攻撃」がプレイの指針になってきた(笑)
おかげでゼオライマーだけレベルもPPもたまるたまる(笑)
次点は「覚醒」使えるライディーン。ゴッドボイスも今回は化けたなぁ。

●第33話「決戦!大海獣」(どっかの海(マテ))
ニライカナイでのんきに釣りを楽しむボスたち。
そこへ哨戒中の鉄也が取り逃がした怪獣「ドラゴノザウルス」が現れ、ボスボロットを丸飲みして逃げ去ってしまう。
グレートマジンガーの武器が一切通用しなかったドラゴノザウルスを倒すため、日本中の研究所が協力体制を展開、なんとかドラゴノザウルスの捕獲、
ボスの救出、そして破壊の目途が立つ。
一方この大海獣の能力に注目した百鬼・ベガ連合軍はコレを利用すべく出撃する。
自然破壊の生み出した大海獣、味方を助けるため決死の作戦に挑むダイナミックロボたち、そして暗躍する百鬼・ベガ連合軍。
3つの思惑が大海原で激突する……

海の上がメインのマップなのでミノフスキー装備はお忘れなく。
作戦は「ゲッターロボで捕獲ネットを仕掛けた地点に誘導」→「捕獲後、美久がボスを助けに行く」→「救出後、殲滅」という流れになっている。
また、救出前に10%以上ダメージを与えるのはNGなのでよく覚えておこう。
1ターン目、早くも百鬼・ベガ連合軍が登場する。
こいつらのうち何体かはドラゴノザウルスの方へと向かう。無敵の耐久力を誇るドラゴノザウルスだがイベントで空中に浮かぶと地形適応の関係上若干
防御力が落ちてしまう。
そうなると百鬼・ベガ連合軍の攻撃で90%を切る恐れが出てくるのでまずはドラゴノザウルスに向かう敵をどうにかしよう。
なるべくドラゴノザウルスを誘導し終える前に百鬼・ベガ連合軍は始末しておこう。長引く場合はゲッターに修理ユニットをつけてダメージ覚悟でその場に
とどまってもらう。
味方をネット地点(地上)に集結させたらドラゴノザウルスをネットにかける。
2,3ターンしたらボス救出完了。その間ゼオライマーの次元連結システムが無くなるが、攻略上全然関係なし。
ボス救出後甲児、鉄也、デューク、竜馬の気力が150になり、「ファイナルダイマミックスペシャル」を習得する。
とどめは是非コレで(笑)

ドラゴノザウルスに勝利するも今回の一件は全て自然を破壊してきた人類が悪いのだ、となんとも後味の悪い終わり方をする。

●第34話騎士、「炎の空より」(南西諸島)
(スポット参戦 騎士GEAR凰牙(アルテア))
ガルファの戦艦アルデバランから捕らわれたベガを無事救出した電童。
しかし、アルデバランは炎に包まれたまま地球へと墜落していった。
至急ネェル・アーガマで現場に駆けつける地上組。と、そこへ炎に包まれながらも無事に帰ってきた電童の姿があった。
が、地上へ降りてきたのは電童だけではなかった。
打倒電童に燃える機将ギガグルメイ、そして炎の空からやってきた騎士……

あ、あ、あ、あ、兄上だぁぁぁぁぁぁぁ!!
つーわけで兄上ことアルテア復活編なのです。異存は聞かぬ(マテ)

まずギガグルメイの攻撃でマップ全体が電磁フィールドに包まれる。戦艦以外は1ターンで100ずつENが減っていくトラップだ。
普通のユニットなら地上を歩かせるだけで戦闘にほとんど支障は出ないだろうが(相手はほとんど機獣だし)飛行ユニット、そして電童にとっては死活問
題。
特に電童はENが切れると一切行動不能なので要注意……といても初期位置あたりにいれば交戦することもないので安心だけど(笑)
ギガグルメイにある程度ダメージを与えるとイベント発生。
空からカッコよく現れた兄上がバイパーウィップFAでギガグルメイを吹き飛ばし、電磁フィールドを解除する。もうカッコいいんだから(笑)
電磁フィールド解除のついでに味方のENも全快するので形勢は一気に逆転。さっさと押し切ってしまおう。
ただし、フィールド解除と同時に現れるギャンドラーを含めた全ての敵はギガグルメイ撃墜で撤退するのでギガグルメイは最後まで残しておこう。

ちなみにギャンドラーは相手するのが面倒だったからメイオウ攻撃で皆吹き飛ばしました。いやぁ、儲かった(笑)

●私的解説 シーン6

●ゲッターロボ系
シャインスパーク入手。コレで強いP兵器ゲットですよ。

……でも実は習得後一度も使ったことないですが(オイw)

だってライガーの方が便利なんだもん。

●ダイナミック系
めんどいので統一(笑)
Fダイナミックスペシャル習得。4機で固まる必要があるが威力は絶大なので機会さえあれば(笑)狙っていくべき技。
ただし、グレンダイザーが合体していると使えないので注意。
まぁ、この技には男のロマンが集約されているので細かいことは気にしない、ということで(笑)

●Gガン系
キラル参戦。

   ・
   ・
   ・

えっと、ナニを語りましょうか?(マテ)
あ〜、キラルは素で「集中力」持ち、技量が高いんで「集中」かけて敵陣突っ込めばいい働きしてくれますよ〜……多分(オイ)
使ってないのでなんとも評価できないッス。(Gガンの中では結構いい武装が揃ってるんですが、所詮あの顔じゃ使ってる人いるのだろうか(マテ)。使った
感触としては、ハイパーモードと分身と流星胡蝶剣の無いドラゴンガンダム・・・ってダメじゃんw)

●ラーゼフォン系
ヴァーミリオン入手。そういえばエルフィも遥さんも実は参戦してないんですよね。
シーン3で参戦とか大嘘こきました、申し訳ないです_| ̄|○
さて、ヴァーミリオン。結構強いです。
最強武器がエフェクトの割にイマイチというのは置いといて、むしろもう一つの武器のほうがダブルアタックも支援もできるので使い勝手良好です。
どちらかといえば運動性強化、かな?

●電童系
セルブースター、そしてスポットながらも凰牙参戦。
凰牙(北斗)は第38話からです。
セルブースターはセルファイターよりも電池を1本多く積んでいるのが強み。決して戦闘能力を当てにしてはいけない(笑)。でもベガ母さんだと結構避け
て&戦ってくれます、母は強し(笑)
ただし、セルブースター状態で電池を2本使いセルファイターに分離すると電池が1本無駄になるので分離する時(普通しないけど)は電池を使い切って
からするようにしよう。
なお、「デモセレクト」ではセルファイター、セルファイター2号機、セルブースター、ヴァルハラの4タイプのセルファイターと電童、凰牙の2パターン、計8
パターンデモが収録されるようになっている。
デモを埋めたい人は一度全種類の「デンドウデンチシュート」を見ておこう。
 
●私的改造進度 シーン6
すっかり忘れてました。
シーン6ではいよいよゼオライマー以外のユニットを鍛え始めました。
つーわけでアタッカー筆頭のドラグナー1型、ライディーンの武器をフル改造。あとロム兄さんフル改造はデフォ(笑)
んでもってドラグナー3機の運動性をフル改造しました。
次の目標はドラグナー3機の武器フル改造&アタッカー習得ですかね?



広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット